HOME > 相続手続き|一般社団法人いきいきライフ協会

banner_09.jpg
hirosue09.png

ここでは、身元保証と関連する相続手続きについて確認していきたいと
思います。老い支度と関連する相続手続きは、大きくみると、

①相続人の確認、②相続財産の調査、③遺産目録の作成、
④相続方法の確認、⑤遺産分割協議書の作成、⑥相続財産の名義変更、
⑦相続税の申告、といった項目になります。

 この中で、老い支度と深く関連してくるのは、①と、②、そして生前対策
の観点から⑦になると思います。

ひとつひとつ確認していきましょう。

老い支度(身元保証)と関連する相続手続き

①の相続人の確認は、身元保証と関連して確認する必要が出てきます。
相続人がいる場合には、第三者が身元保証となる旨を伝えなくてはいけないからです。

②相続財産の調査。身元保証をする際には、どのような財産があるのか明確に確認してから、
身元保証人となる訳ですが、葬儀費用を確保しておくなど、いわば相続財産の一部を各事業者に
未収が残らないように対策をする都合上、相続財産を事前に押さえておく必要があります。
このため、財産調査と相続人への通知が必要となります。

⑦身元保証をしている方が亡くなった場合、当然に残された相続財産は相続人に承継される
訳ですが、承継される財産によっては多額の納税が発生する可能性もあります。
このため、あまりにも相続人に負担が多くなってしまう場合や納税資金対策で相続人が困って
しまうことが無いように、事前にご提案させていただく場合があります。 


相続手続きの詳細については、こちらからご確認下さい


 

2014年01月20日
相続方法の決定
2012年08月16日
相続税の申告
2012年08月16日
相続財産の名義変更
2012年08月16日
遺産分割協議書の作成
2012年08月16日
遺産目録の作成


ご案内