相続財産の調査

相続手続きを行うにあたって、被相続人(亡くなった方)の財産がどこにどれくらいあるのかが分からなければ、遺産分割を行うことはできません。

相続財産は、多種多様なものが含まれます。ここでは、一般的な相続財産を示します。

プラスの相続財産

土地、建物、現金、預貯金、有価証券(株式・国債・手形)、車、生命保険(ただし受取人指定の場合は含まれない)などです。

相続は、プラスのものだけではありません。借金などの債務も原則として相続対象となり、返済義務を負います。

マイナスの相続財産

負債、住宅ローンなど。

亡くなった方が、全ての財産を遺言や財産目録表などによって明記していれば良いですが、そのようなケースばかりではありませんし、明記に抜けている財産がある場合も少なくありません。

そのような場合、財産調査には非常に時間と労力を要します。相続に詳しい行政書士にご相談することをお勧めいたします。

 

無料相談の流れ

一般社団法人いきいきライフ協会のパートナーとなっている、行政書士・司法書士・税理士
などの国家資格者の事務所では、初回の無料相談から相続に関する問題解決に向けたアドバイスがもらえます。いきなり依頼しなくてはいけない、という事はありません。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

トップに戻る

相続手続きについて

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア
  • メディア掲載情報