連帯保証人も必須に

少し前までは、老人ホームの契約書には、「ご契約者」と「身元保証人」だけを記載する
ような申し込みフォーマットも多かったように思います。

しかしながら、今は違いますね。

大半が、下記のようになっております。

 

ご契約者さま お名前:
連帯保証人さま お名前:
身元引受人さま お名前:

 

あいまいに、身元保証人というような記載では無くなりました。

明確に、連帯保証人として賃料の未払いなどの責任を負う方を記載しなくてはいけません。
また、老夫婦やそのご兄弟など、高齢者同士では連帯保証人として不適格として施設からお断りさせてしまうケースも出て来ているようです。

お困りの際には、当協会にご相談ください。 

トップに戻る

 

身元保証・身元引受人について

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア
  • メディア掲載情報