遺言書の作成

遺言書の作成

ご自身の亡くなった後の費用の精算手続きはできていますか?

亡くなった後の費用として、具体的には、入院費用や介護施設料、ご葬儀、供養費用の支払い などがあります。このような費用についても、きちんとしておく必要があります。

よくある困りごとは、こうした支払いを知人や介護ヘルパーさんに「何かあったらこの通帳から 払ってください」と口頭でお願いしてしまうケース。 ご本人がお亡くなりになると、法的な権限のない方は、残った財産を勝手に使うことが出来ません。 また、良かれと思って対応してくれた方を法律問題に巻き込んでしまうことになります。

特に、残った財産は「相続手続き」が必要で、尚かつとても重要な問題です。

身近な方に迷惑を掛けないためにも、「遺言書作成」「事前の生前契約」を通じて誰が支払いを行うのか、明確に決めておいた方がよいでしょう。

代行してくれる専門家(司法書士・行政書士)に相談、確認しましょう。

また、遺言書を作成する際は、支払いと精算をしてくれる人を合わせて決め手おきましょう。

 

 

遺言書の作成に関するご案内について

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア
  • メディア掲載情報