税金対策・生前対策

相続が発生した際に、かかってくる税金を相続税といいます。相続税は基礎控除があり、基礎控除額を超える相続財産がある場合には、相続税の申告及び納付が必要になってきます。

相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×相続人の数となります。

この相続税における生前対策としては、生前に贈与税が発生しない範囲で財産を贈与するといった方法があります。贈与税とは、財産を贈与した際に発生する税金ですが、1年間で110万円までの財産の贈与に関しては、発生しません。ですから、この控除額範囲内の財産を生前に贈与することが生前にできる税金対策といえます。

また、生命保険に加入しておくことも生前にできる対策の一つです。生命保険にも種類が多様にあり、契約内容によってはみなし相続財産として、相続税の対象となる場合もあるので注意が必要ですが、生命保険を上手く利用することは生前対策として非常に有効な方法です。相続税に関しては、協力先税理士を紹介することも可能ですのでお気軽にご相談ください。

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

お問い合わせ

045-620-6600

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図

〒220-0011
横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階

  • 相続手続き相談プラザ
  • オーシャングループ
  • 遺産分割調停 弁護士相談プラザ|法律事務所オーセンス
  • おもてなし規格認証
  • EAJT
  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア
  • メディア掲載情報